防犯防災ガラスフィルム

窓ガラスの飛散防止、防犯抑止やプライバシーの保護、暑い日差しから室内の温度上昇を抑えるフィルムなど

ガラスフィルムには色々と種類があります。

ご自宅の環境やフィルムを貼る目的などに合わせ、フィルムを選びます。

 

施工は、資格を取得した職人が施工致します

(1級2級建築ガラスフィルム国家技能士/防犯抑止フィルム技能者)

 

 

飛散防止フィルム

窓ガラスが割れたときに、飛散しないようにするフィルムです。

透明で薄いフィルムになります。

台風や突風、地震の時にガラスの飛散防止になります。

ガラスフィルムにはUVカット機能もあります。

 

小さなお子様がいらっしゃる場合や、室内での転倒事故など

万が一何か起こった場合に、ガラスなどの突き破り事故にも

被害を軽減できると思います。

 

食器棚などの薄いガラスなどにも施工をすることも多いです。

地震などで食器が当たって、棚ガラスの割れを防ぐことができる可能性が高くなります。

ガラスフィルムを貼ることにより、安心感は増します。

 

今の住宅はデザインにより雨戸がない場合がありますが、最近のゲリラ豪雨や

突然の強風などで心配になられるお客様からの、施工依頼が増えています。

雨戸やシャッターを付けるより早く簡単に施工はできますが

その場合には、飛散防止フィルムより強い防犯抑止フィルムなどを

お勧めしています。

 

注意点は、雨戸がないので例えば瓦や木材など、飛んできた場合などは

ガラスは割れますので、ガラス交換にはなりますが・・・

ガラスの飛散は防げると思います。

 

予算と、雨戸が外観が・・・など色々とご相談をして施工させて頂いています。